市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >News!

第3回福島西道路検討委員会を開催

第3回福島西道路検討委員会の様子
第3回福島西道路検討委員会の様子
3月下旬までに複数のルート帯


 第3回福島西道路検討委員会が7日に開催され、福島西道路の南伸化計画とその他の複数の代替案を比較検討した結果、福島西道路を南伸することが最も妥当であるとの結論をまとめた。また、南伸ルート帯の選定にあたっては、交通、環境、社会経済、事業性の4つの視点から評価検討を行うこととした。福島河川国道事務所では、これら4つの視点を総合的に評価し、3月下旬までに複数のルート案を設定することにしている。

 福島西道路は、福島市南矢野目の国道13号から福島市吉倉の国道115号までの区間が供用されており、現在は吉倉地内から南側に1.3キロ延伸して新たに整備される都市計画道路・小倉寺大森線に接続するための工事が進められている。検討が進められている南伸化計画は、その小倉寺大森線からさらに南伸し、国道4号に接続しようというもの。同計画の実現によって、福島市の中心部を縦断する国道4号の渋滞緩和や冬期における道路安全性の向上、県立医科大学へのアクセス性の向上などが期待されている。



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。