市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 公共事業 > 県南

市営安積団地建替住宅2棟実施設計


〜工事は19年度からを予定〜
 老朽・狭あい化した市営安積団地の建替事業を進めている郡山市は、18年度は新たに中層耐火構造の住宅2棟(C−1、C−2)の実施設計に着手する。工事は19年度から進めていく予定。
建替事業が進められている郡山市営安積団地(団地南側はすでに更地となっている)
建替事業が進められている 郡山市営安積団地
(団地南側はすでに更地となっている)
 昭和40年代に低・中層住宅の大規模団地として整備された安積団地は、築後30年以上が経過し建物が老朽化している。特に県道を挟んだ団地の南側部分は、建物が簡易耐火構造の平屋建ておよび2階建てであったことから間取りも小さく、防災上の観点からも建て替えが急がれていた。
 このため、団地全体で360戸程度あった老朽住宅を順次取り壊し、新たに中層耐火構造の住宅220戸の建設を進めている。事業は13年度から着手しており、27年度にすべての建替事業の完了を予定している。

 建替事業は、団地内を走る道路を挟んで北側と南側の2期に分けて整備する計画で、現在は南側の建替事業を先行して進めている。南側にはA棟、B棟、C棟(C−1、C−2)の各住宅棟のほか、集会所の建設を実施する。
 南側の老朽化していた既存住宅は、すでに全て取り壊されて更地となっており、現在は建替事業による最初の建物となるB棟(中層耐火構造3階建て18戸)の本体建設に向け準備工事を進めている。B棟は17〜18年度の2ヵ年継続で工事を実施しており、19年度に入居開始することになっている。

||| 構造は中層耐火3階建て18戸と4階建て22戸 |||
 C−1棟とC−2棟はそのB棟の北側に建設する。C−1棟は中層耐火構造3階建て18戸、C−2棟は中層耐火構造4階建て22戸で計画されている。18年度は両棟の実施設計を行うことにしており、両棟の実施設計を一括とするか、別途とするか検討を進めている。工事は19年度の着手を予定しており、19〜20年度の2ヵ年継続工事となる見通し。

 道路を挟んだ北側については、南側の建て替えを完了後に順次既存住宅の取り壊しおよび建て替えを進めていく。北側には現在、低・中層の住宅10数棟が既存している。

 18年度当初予算には、B棟の本体工事費とC−1棟、C−2棟の実施設計費を合わせて2億3,758万円が計上されている。
安積団地の所在地は、郡山市安積町笹川。(06.4.4)



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。