市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 民間事業 > 座談会 > 県北

あなたの家を造らせてください!(2)


〜100年住宅はゴミを出さない家づくり〜
左より三浦、菅原、大村、(富田)の各氏
 2005年11月に発覚した「耐震強度偽装問題」で、建築業界は社会の信頼を大きく失った。専門家は、「市民から、この信頼を取り戻すには今後10年は難しい」と分析する。だが、地元で生きる設計士や建築業者らにとって、この信頼の喪失は、ますます苦しい立場に立つことになる。設計士としての誇り、大工職人としての誇りをもう一度、取り戻すためには、“これが家”と呼べるホンモノを提供するほかない。「あなたの家を私たちの手で造らせてください。日本にひとつしかない家を造らせてください」と叫びたい!そんな想いをそれぞれの分野の立場で語り合った。 (写真=左より三浦、菅原、大村、(富田)の各氏)
||| 出席者 |||
● 菅原良彦さん(福島市大森・(有)造建築事務所代表)
● 三浦藤夫さん(福島市桜本・三浦工匠店(有)代表)
● 大村一夫さん(福島市中町・(株)大和地質研究所代表)
||| 進行 |||
富田正廣 建設メディア主幹
富田 ところで、“これが日本の家”と呼べる家づくりは、どんな家なのでしょうか ―

三浦 やはり、私どもは数寄屋造りをめざしていますので、それに沿った家づくりを考えています。お金持ちの方は、職人を育てる意味からも是非、数奇屋づくりに挑戦してください。柱の太い家、それも100年は保つ家を、ひとつでも多く造って見たいですね。100年間伐採することを我慢した丸太のスギを買い付ければ、結局は柱のほかに天井、床材等いろいろと使える訳ですから、格安に安心と安全の家ができるわけです。


大村 そうした良い材料を特殊材も含めて2〜3人で確保できれば、良い材料をお互いに使い回すことができるということになりますよ。新建材はゴミの元にもなりますからね。限られた資源を大切にすることは、『ゴミの出る家づくりはしない』ということにも繋がります。ぜひ、そうした家を造りたいですね。



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。