市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home > 公共事業 > 県南

芳賀小学校増築へ地質調査に着手


〜桜小、大島小、橘小は大規模改造〜
 郡山市は、18年度から新規に芳賀小学校の校舎増築事業に着手する。現在、地質調査と耐力度調査を外部コンサルタントに委託して進めている。18年度は実施設計まで進める計画で、工事は19年度から着手する見込み。また、18年度小・中学校大規模改造・耐震補強事業として桜小学校、大島小学校、橘小学校の3校を対象に実施しており、耐震診断調査や地質調査に着手した。
現在の芳賀小学校
現在の芳賀小学校
小中学校増築事業は、児童生徒の増加や少人数学級制の実施などによる普通教室や特別教室の不足に対応するために実施している。
 18年度からは新規に芳賀小学校増築事業に着手する。18年度は既存校舎の耐力度調査や地質調査、実施設計を進める。現在、地質調査を新和調査設計(郡山市豊田町4−12)、耐力度調査を横溝建築設計事務所にそれぞれ委託して進めている18年度当初予算には耐力度調査費、地質調査費、実施設計費など合わせて944万5,000円が計上されている。
 増築内容は普通教室3室や視聴覚室などで、増築規模は延べ1,170平方m程度が考えられている。芳賀小学校の所在地は芳賀2−20−17。

現在の大島小学校
現在の大島小学校
 また、郡山市では老朽化が進んでいる小・中学校校舎の大規模改造・耐震補強事業について、18年度は桜小学校、大島小学校、橘小学校を対象に進める。
 桜小学校、大島小学校については、18年度は耐震診断調査を進めており、それぞれエスデー設計研究所(郡山市池ノ台15−15)とエーユーエム構造設計(郡山市神明町17−23)に委託している。桜小学校の現校舎の規模は鉄筋コンクリート造3階建て延べ5,202平方mで、昭和39〜56年に建設された。所在地は字山崎5。
 大島小学校の現校舎の規模は鉄筋コンクリート造3階建て延べ5,877平方mで、昭和50〜57年に建設された。所在地は並木4−10。
 一方、橘小学校については、18年度は大規模改造工事に向けて地質調査を実施する。地質調査は現在、福央ソイル(郡山市大槻町張股字1−2)に委託して進めている。橘小学校の現校舎の規模は鉄筋コンクリート造3階建て延べ5,821平方mで、昭和33〜38年に建設された。所在地は堤下町4−4。(06.6.21)



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。