市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >今年初の免許取得講座に全国から参加

今年初の免許取得講座に全国から参加、「リフレクテックス」会員数国内最大に迫る!

 今年初めての非営利有限責任中間法人・環境マテリアル推進協議会(佐藤武四理事長・東京都千代田区)の『遮熱施工管理士免許取得講座』が、16日・17日の二日間、本宮市にある株式会社佐武(佐藤武四社長)の研修ルームで行われた。現在、遮熱材「リフレクティックス」の会員は全国で500社に迫る同講座には、今回も関東・関西方面から10社15名が参加した。参加したのは長野県高森町、千曲市、諏坂市から建築会社2社と瓦工業1社、広島県から広島市、呉市から建築会社2社、横浜市から住宅会社1社、兵庫県小野市から一社、群馬県太田市から住宅サービス会社1社、大阪府高槻市から工務店1社5名、富山県富山市から住宅会社1社2名が参加した。それぞれ『特約代理店』『特定工務店(特定企業)』『認定工務店(認定企業)』をめざし受講した。

 佐藤武四理事長は挨拶の中で、「同協議会のメンバーは国内最大の企業集団になりつつある。建築基準法の改正などで住宅着工件数は落ち込んでいるが、その中でも遮熱材を使用している戸建住宅と工場の着工件数は拡大している。工場関係では企業主が工場・倉庫などで働く従業員の“熱中症対策”に本腰を入れて来たことも拡大の要素となっている。皆さんは遮熱施工管理士の免許を取得した際は、施主さんの訪問や遮熱材リフレクティックスの良さを数値で示して勝ち組としてこのビジネスを各地区に広めて頂きたい」と語った。

 この後、1日目の熱力学、リフレクト工法の学習とモデル住宅の実践、設備容量計算と遮熱カバー工法、セールストークについて学んだ。午後4時過ぎの質疑応答のあと、会場を宿泊先の岳温泉・ホテル陽日の郷あづま館に移して親交を深めた。2日目は差別化商材、流通とその位置づけについて学んだ後、制限時間100分・合格点80点以上の筆記試験に挑んだ。   最終審査では、佐藤理事長の個別面談が行われ、試験の結果発表とその解説が行われた。合格者は佐藤理事長から修了証書が贈られた後、記念写真撮影を行って閉会した。
◎次回の講座は後日、佐武ホームページでご確認ください。
http://www.fsatake.co.jp/



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。