市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >戸建てから工場への視野拡大めざす!

戸建てから工場への視野拡大めざす!、遮熱材「リフレクテックス」の免許取得講座
 輻射熱の97%をカットし、断熱材に変わる超薄型高遮熱材として注目が集まる「リフレクティックス」の『遮熱施工管理士免許取得講座』が、今月も11日・12日の2日間、本宮市の株式会社佐武研修ルームで開かれた。
  参加したのは愛知県安城市、同名古屋市、同高浜市、同北設楽郡東栄町からの工務店2社、建設資材会社、屋根工事会社、三重県津市、同松阪市から工務店2社、青森市から工務店1社のあわせて7社の社長、専務、工事部長などが参加した。講座には特約代理店・認定工務店・特定工務店をめざして、施工免許を取得する制度。この制度はアメリカReflectix社の日本全国代理店の権利を有する非営利有限責任中間法人・環境マテリアル推進協議会(佐藤武四理事長・東京都千代田区)が開催するもので、すでに全国で500社が会員となった。前回、取得講座初の100点満点の会員が誕生したのを始め、今回も95点というハイレベルの会員が誕生した。

 講座の1日目は午後1時から佐藤理事長あいさつ(=写真)で始まり、熱力学の学習編、リフレクト工法の学習・実践編、設備容量計算と遮熱カバー法、さらにセールストークについて学び、質疑応答のあと会場を二本松市のホテル陽日 あづま館に移して、
意見交換会で懇親を深める。2日目は会場をセミナールームに移し、その他の差別化商品・流通と位置づけ・筆記試験・個別面談・試験結果発表と修了証書が授与され(=写真)記念撮影で講座を修了する。
 終了後に佐藤理事長は、「一棟目の施工が大事となるだけに、施工の基本を守ることが大切。一社では何事も成し遂げられないので、多くの仲間を集めて1000社の会員達成が目標であり、戸建てにとらわれることなく工場にも目を向けて欲しい。また、チラシやはがきでの営業拡大にも力を入れていきたい」とも語った。また、将来はリフレクティックスの国産化を目指す考えも明らかにした。
◎次回の講座は
【1日目】平成20年4月8日(火)13:15〜17:30
【2日目】平成20年4月9日(水) 9:00〜16:00
詳しくはこちら佐武ホームページでご確認ください。
http://www.fsatake.co.jp/



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。