市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >自社ホームページに「講演全文」を掲載!

自社ホームページに「講演全文」を掲載!、古民家再生の三浦藤夫さん、若手建築士に伝統建築物・古民家の技と心伝える
 2月15日、福島市佐原の古民家佐藤邸で開かれた社団法人福島県建築士事務所協会県北支部青年部の古民家体験勉強会「伝統建築物について」で講演した三浦藤夫さん(三浦工匠店社長)の全文が同社ホームページに掲載された。
三浦さんは昭和21年に福島市桜本に生まれ、市内の工務店に16歳で弟子入りして以来、古民家再生を始め、新しい数寄屋づくりを目指して、古民家の保存や、文化財の保存にも携わっている。
 その三浦さんが46年間で学んだ古民家の再生や材木の特性などを、若い設計士さんのためならと、最も苦手とする講演を引き受けた。講演の最後に「今、古民家は住みにくいと言われ、次々と取り壊されていきます。何百年も続く先人達の素晴らしい技術や文化を捨てて、長持ちしない、格好だけの安い住まいは、かえって高価でゴミを大量に生産しているに過ぎないと私は感じています。古民家という建物は、大修理をすれば、また100年位住み続けられることが出来るのです。ですから、皆さん、若い人達の考えや知恵を貸していただき、私たちと一緒に古民家再生や文化財の修理保存といったものに一緒に取り組んで頂きたいと考えています」と結んでいる。ゴミのでない家づくり、100年は保つ住宅を造ることが三浦さんのめざす家づくりである。(写真=古民家再生で講演する三浦さん)
講演全文はこちらからリンクしてください
http://www.shinsukiya.jp/saisei/index.html



Copyright (C) 2001-2005 Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。