市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >

愛知・埼玉・岩手から遮熱施工管理士めざす!
株式会社佐武で遮熱材・リフレクティックスの違い学ぶ

 21年度最初の遮熱材リフレクティックスの『遮熱施工管理士免許取得講座』が7日・8日、本宮市の株式会社佐武(佐藤武四社長)の研修センターで開かれ、埼玉県の設計事務所と建材販売店、それに愛知県の住宅建築会社、岩手県の住宅リフォーム会社が参加した。



  研修はまず、一般社団法人・環境マテリアル推進協議会理事長を兼ねる佐藤社長による講義から始まった。佐藤社長はリフレクティックスに大切な熱移動の三原則、さらに断熱材と遮熱材における伝導、対流、輻射の比較、電磁波が身体に受ける影響などについて説明した  また、参加者は、建物への日射進入や輻射熱移動を大幅にカットするリフレクティックスは7層、接着剤ゼロの単純構造体、アルミ箔純度99%でつくられた遮熱材であることから、いまや日本の建築も断熱時代から遮熱時代に大きく変わってきたことを実際の体験を通して断熱材との違いを学んだ。
 2日目は、リフレクティックスの知識習得、営業マニュアルの解説、差別化商品等について学んだ後、筆記試験(制限時間100分)と個別面談が行われ、成績優良者に「遮熱施工管理士免許証」が佐藤理事長から贈られた。次回の免許取得講座は佐武ホームページでご確認ください。



■佐武ホームページ
http://www.fsatake.co.jp/
■佐藤理事長の専用ブログ
http://kankyo-material.sblo.jp/
■環境マテリアル推進協議会ホームページ
http://www.kankyo-material.or.jp/




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。