市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >

人工大理石「デュポン・コーリアン」で書道展に出展
大邦産業・大内邦夫さんの作品は酒を題材に『生涯の友』

 19回目となった「郡山書道展」が郡山市文化センターで10月21日から25日までの5日間開催中だが、今年も郡山市土瓜で建築資材の販売・施工を行う大邦産業(株)の大内邦夫さんが自社の取扱商品であるデュポン社製人工大理石「デュポン・コーリアン」のサンプルを使った作品を展示中だ。今年の作品名は『生涯の友』と名付けて一片のタテ・ヨコが4センチ×4センチ、厚さ12.3ミリのサンプル品143枚に書体が異なる「酒」の字を彫った。上に「粋」の一文字を描き。タテ・ヨコ80×70(センチ)の額縁に納めての出展作品となった。制作には、構想から着手・完成まで約半年をかけて仕上げた力作となった。大内さんは「来年は記念の20周年になるだけに、これまで以上に構想を練って仕上げてみたい」と意気込みを語る。制作に当たっては業界紙の依頼から「書いた、彫った、削った」と題する手記をまとめ、これまでの思いを綴った。そこに悪戦苦闘振りが伺える。
■大内さんの手記はこちらをクリック
■デュポン・コーリアン
http://www.dupont-corian.net/
■ これまでの作品紹介
http://www.medianetplan.com/0810/005.html
http://www.medianetplan.com/0710/010.html
http://www.medianetplan.com/0701/005.html
http://www.medianetplan.com/0510/016.html
http://www.medianetplan.com/0409/013.html




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。