Home >震災後の“地震に負けない家づくり”めざす公開トーク 会員専用はこちら

震災後の“地震に負けない家づくり”めざす公開トーク
大和地質研究所(福島市)の大村一夫さんらがバネリスト

 10日に福島市で開かれたふくしま家づくりの本主催による『地震に負けない家づくり 宅地・住まいに求める安心』と題する公開トーク&セミナーにNPO豊かなふる里を築く研究会会長で株式会社大和地質研究所社長の大村一夫さんが佐藤構造建築設計事務所(須賀川市)の佐藤信一さんとバネリストとして参加した。



 大村さんらは、1、崩落や沈下、隆起した宅地、液状化、それぞれのメカニズムについて 2、それを防ぐ方法と軟弱地盤に家を建てる方法について3、県内各地の地盤や安心できる宅地の見極め方について 4、住宅の基礎、構造はどうあるべきか 5、古来、日本の家は地震にどう耐えてきたのか 6、耐震、免震,制震の違いについて、7、いま建てるべき住まいの選択肢とは等についてそれぞれの持論を展開した。特に大村一夫さんはNPO豊かなふる里を築く研究会の家づくり部会長として、これまで工務店や団体主催のセミナーや講演会、さらに昨年10月から今年の3月までFMラジオの『家づくりは土台から』と題する番組で地震に強い家づくりについてNPOメンバーと出演すると共に、家づくりには地質や土台について十分知ることが最も重要だと、今回のセミナーでも、地盤調査の大切さと現地を自分の目で確かめること、さらには県内を走る活断層を見極めること、そして耐震診断の受診と耐震補強を訴えた。

■ 大和地質研究所ホームページへのリンク
http://www.daiwageolab.jp/
■ NPO豊かなふる里を築く研究会(家づくり部会)ホームページのリンク
http://www.npo-furusato.net/iezukuri-kenkyubukai/index.html





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。