Home >"入るを計つて出るを制す"
会員専用はこちら

"入るを計つて出るを制す"

慶徳綜合経営センター株式会社
代表取締役 慶徳孝一

 

 「"むだな税金"最多の1兆円超」のテロップに、思わず目を奪われました。NHKの朝のニュースが、会計検査院のこの一年の成果を報じていました。いつもこの時期になると会計検査院の成果発表がありますが、昨年の1340億円に比べると、今年の1兆1197億円は飛び抜けておりました。国が所管する独立行政法人や公益法人が有効に使う当てがないまま保有していた、いわゆる「埋蔵金」や土地を返還するケースが相次いだためのようです。会計検査院が思い切り活動できる環境が、ようやく整い始めたということでしょう。我が国の今年の予算総額は90兆円あまりです。税収で賄えるのは42兆円に過ぎず、足りない分を44兆円の新規国債発行で凌ぎます。これを「健全だ」と考える人はいないでしょう。"入るを計つて出るを制す"は「二宮金次郎」の有名な言葉ですが、故事の中にも"入るを量りて出ずるを為す"とあります。
 金治郎は「そもそも、国が衰えたり、乱れたりするのは国の分度が明確になっていないからです。藩の分度が立っていない時は、何万両の金を注ぎ込んでも破れた桶に水を入れるようなもので、一滴の水も残らない」と言い放しました。
("分度"とは「収入に合わせて支出をする」その限度を言い、"分度を立てる"とは「全体の収支がどうなつているのかを見極めた上で限度を決める」ことです。)

 "入る"はまさしく消費税問題でしょう。徴税制度は国の基盤です。税収をどこに求めるか、国の基本姿勢を明確にすることが求められます。"出ずる"は言うまでもなく社会保障費を始めとした国の歳出です。"税と社会保障の一体改革案"は「社会保障改革の安定財源確保と財政健全化の同時達成」を目指したものであり、政権政党だけでなく全ての議員に共有されるべき論点を内包しております。それが、日先の選挙対策のためだけに歪められてしまう事はもう沢山です。あれだけ"きれいごと"を並べ政権与党についた民主党が、現実の政権運営の中で学習し、早急に取り組むべき課題に向かつて舵を切り始めているようです。どこの党が次の政権を担おうと、この根本問題からは逃げられません。本気で問題解決に取り組む姿勢を持つ議員のみが集まった国会となれば、「日本の国会も捨てたものでない」という評価を取り戻すことができるのでしようが・・・・(12.07.23)

■慶徳綜合経営センター株式会社
http://www.e-adviser.jp/keitoku/
■税理士 慶徳孝一の税と経営
http://www.medianetplan.com/keitoku/





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。