Home >品川万里郡山新市長が初登庁! 会員専用はこちら

品川万里郡山新市長が初登庁!
震災と原発事故対応が焦点

 郡山市長選をわずか7656票の僅差で初当選した品川万里は、4月30日午前9時、大勢の市民が出迎える中、白のプリウスで初登庁した。品川新市長は女子職員から花束を受けると、
 
緊張した面持ちで正庁正面に向かい、支持者等と握手を交わした。正門で壇上に立った品川新市長は「皆様の力を得て、共に歩くことが郡山市発展の道であります」と述べた後、庁内で「私たちの置かれた立場はまた非常時の中にあります。震災被害と被ばく問題は道半ばで、一日でも早く問題解決にメドをつけたい」と400人の職員を前に初訓示を行った。

 前回の選挙で、1万票余で敗北した品川陣営は4年間、地道な活動を展開したことが勝利の原点となった一方で、
 
原陣営は"気の緩み"とまで言われた今回の選挙結果。いずれにしても原市長に対する震災後の対応批判が災いした形となった。今後は、品川新市長にとっても、この遅々として進まない震災と原発事故対応が「焦点」となるだけに、どのように"一日でも早く、問題解決にメドをつけるのか"が大きな課題だ。今年11月に行われる福島市長選でも"震災と原発事故対応が焦点"となるのは必至だ。(2013.04.30)

■「品川市政」に今後も"辛口一献"を!
http://blogs.yahoo.co.jp/cxgsw928/40290232.html





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。