Home >東環グループの福島環境検査センターが増築を計画 会員専用はこちら

東環グループの福島環境検査センターが増築を計画
13日、有馬社長ら関係者約30人が出席し地鎮祭挙行

 県内屈指の最新検査機器設備と高精度な検査サービス体制を誇る福島県環境検査センター株式会社(長澤金一社長)は7月13日、郡山市田村工業団地内の同センターで、増築工事地鎮祭を執り行った。

 地鎮祭には東環グループの有馬一郎社長を始め設計監理を担当する株式会社土田建築設計事務所の土田信雄社長、同センターの長澤金一社長、建築を請け負う須賀川市の戸島建設、東環グループの幹部社員や関係者約30人が出席した。
 土田信雄社長の刈初之儀(かりぞめのぎ)の後、有馬社長らが鍬入れや玉串を捧げて工事の安全を祈願した。

 式の最後に施主の有馬社長が「復興需要で資材高騰の折、土田設計事務所さんや戸島建設さんには大変お世話になり、この日を迎えることができた。短い工期ではあるが、工事の安全には十分気をつけて欲しい。完成の暁には、我々もグループ全体でさらなる発展を遂げるよう頑張りたい」と挨拶した。

 今回の増築工事は現在の南側の敷地に建設するもので鉄骨造2階建て延べ面積約686平方メートルを新設する。1階部分にはラボ室、測定機器室、一部倉庫等、2階部分は福利厚生室、研修室、品質管理室を設ける。既存の部分と合わせると延べ床面積が1394.5平方メートルとなる。完成は今年12月末を予定。

☆関連記事
■ トーカンGが県内初のひつじ肉専門店オープン!
http://www.medianetplan.com/2013/014.html





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。