Home >多くの人に"昔の良さ"を伝えたい! 会員専用はこちら

多くの人に"昔の良さ"を伝えたい!
「ふくしまの旧家を活かす会」代表定例会

 福島市周辺の歴史ある旧家を、「如何にして後世に遺すか」を模索する旧家(古民家)所有者が連携する(仮称)「ふくしまの旧家を活かす会」の代表による定例会が9月19日、福島市佐倉下の旧佐久間邸で開かれた。
 会合には運営を託された「旧佐久間邸」の元所有者である佐久間賢一カさん、「瀬の上嶋貫本家」の嶋貫倫さん、飯坂町「なかむらや」旅館の阿部寛さん、同会の発起人となったNPO豊かなふる里を築く研究会の三浦工匠店(有)の三浦藤夫さん、(有)造建築事務所の菅原良彦さん、当社の富田正廣等が参加した。(=写真下)


 
 会合は旧家所有者とNPO側の意思統合を明確化するため@何を求めているかA何をしたいのかB何がしたいのかC何処へ向かうのかD最終目的地は何処かについての5点について双方が一致団結していくことを理解した上で会合が進められた。 

 その途中経過で、「こうした会合がこれまでなかったので、悩みを共有できた」「仲間がいるだけで心強い」「保全管理について情報交換する場所が出来た」「行政に対する活動も心強い」等の意見が出されたほか、「多くの人に"昔の良さ"を伝えたい」「代々受け継いできた歴史と文化をこれからの人々に伝えたい」とする意見も多く出され、内面的と外面的の部分の間にある共通の悩みを今後もひとりでも多くの旧家や古民家の所有者を募り連携していくことを申し合わせた。
 また、同会の運営代表者を選任したほか、当分の間、三浦藤夫さんの世話人と富田正廣が事務局を務めることを申し合わせた。次回会合を10月18日、福島市成川の矢吹友市朗邸で、午後1時30分から全会員参加で開かれる。(2013/09/22)

※同会は、福島市周辺の旧家・古民家所有者の初参加を募っています。お問い合わせは、三浦工匠店(有)三浦藤夫まで。024-591-2719番へ。
■ 三浦工匠店(有)ホームページ
http://www.shinsukiya.jp/





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。