Home >シンポ「放射性物質汚染と市民目線の除染方法」3月開催 会員専用はこちら

シンポ「放射性物質汚染と市民目線の除染方法」3月開催
日本建築学会・土田設計の飛木佳奈氏が住宅設計で講演

 日本建築学会東北支部・環境工学部会は3月15日、郡山市の郡山市民文化センターで、『放射性物質汚染と市民目線の除染方法について』と題するシンポジウムを開催する。

 同シンポジウムでは、農地、農作物、住宅における放射性物質汚染の実態、対策・除染方法、放射性物質汚染地域における住宅設計などについて専門家が解説する。特に放射能汚染地域での住宅設計では、須賀川市の(有)土田建築設計事務所の一級建築士の飛木佳奈氏が「放射性物質汚染地域における住宅設計と対策」について(15:20〜15:40)講演する。
 今回の開催に当たっては、東日本大震災・東電原発事故に伴い「放射性物質汚染後の建築物の継続利用ガイドラインの作成」活動を開始することから、郡山市での開催となった。参加は無料。事前予約で定員は80名。(2014/02/18)

■詳しくはこちら
http://news-sv.aij.or.jp/tohoku/2014315.pdf
■ 土田建築設計事務所ホームページ
http://www.tsuchida-sekkei.co.jp

◎当日のスケジュールは次の通り
・14:00〜14:10 趣旨説明 野崎淳夫(東北文化学園大学大学院)
・14:10〜14:30 講演@「農地、農作物における放射性物質汚染の現状と対策」伊藤俊彦(潟Wェイラップ)
・14:30〜15:10 講演A「一般市民による簡単な除染方法」山田國廣(京都精華大学)
・15:10〜15:25 講演B「住宅の庭の汚染と除染の効果」成田泰章(暮らしの科学研究所)
・15:25〜15:40 講演C「放射性物質汚染地域における住宅設計と対策」 飛木佳奈(鞄y田建築設計事務所)
・15:40〜15:50  休憩
・15:50〜16:30 パネルディスカッション
「住宅環境での放射性物質汚染とどう向き合うか?」
 司会:一條佑介(東北文化学園大学)





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。