Home >ふくしまハウジング『夢フェスタ』に参加出展 会員専用はこちら

ふくしまハウジング『夢フェスタ』に参加出展
木のぬくもりを追求する福島市立子山の「里の木工房」


 
 福島市立子山の有限会社里の木工房(佐藤信吉社長)は3月30日、福島市卸町「ウィル福島」で開かれたふくしまハウジング『夢フェスタ』に参加出展した。
 この企画は同社が所属する"ふるさと福島の県産材を使った快適な住まいづくり"を目指す「ふくしま家づくり研究会」の主催で、地元工務店・参加メーカー等22社が展示した。各ブースには新築・リフォーム相談会を始めスマートハウス体験コーナー、外壁・外装コーナー、最新水回り設備コーナー、内装コーナーが設けられたほか、親子で楽しめるイベントコーナーには大勢の家族連れ等が訪れで賑わった。

 里の木工房のブースでは、佐藤社長が来場者に「ツーバイフォー工法」や「木造在来工法」の違いや良さを丁寧に説明したほか、現在新築中の市内立子山の「天正寺」の建築施工現場やこれまで手掛けた住宅の数々をパネル展示し、木のぬくもりの良さをアピールした。佐藤社長は「私たちのような工務店は、なかなかピーアールする機会が少ないので、少しでも皆さんに地元工務店の良さを理解して頂ければ有り難い」と話す。

■ 里の木工房ホームページ
http://satonoki.skr.jp/index.html




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。