Home >6月に古殿町「ふるさと子ども園」見学会開催 会員専用はこちら

6月に古殿町「ふるさと子ども園」見学会開催
『土田建築設計ニュース』が取り組み姿勢を紹介

 須賀川市の株式会社土田建築設計事務所から『土田建築設計ニュース』(2014年4月Vol.5)が届いた。
 トップには土田信雄代表が、原発事故以来、いち早く帰村宣言した川内村の公募型プロポーザル『室内温泉プール』の設計コンペで最優秀者に特定されたことに触れ、「村民の健康づくりにしっかりと貢献できる設計に取り組んでいる」とする決意が述べられている。企業としてのコンセプトは「福島のまち創り、人が輝く建築の設計と復興支援」だ。

 また、3月15日に郡山市民センターで開かれた日本建築学会東北支部環境部会主催のシンポジウム「放射性物質汚染の市民目線の除染方法について」では、同社の飛木佳奈室長が「放射性物質汚染地域における住宅設計について」発表した。会場に定員を超える参加者で埋まり中には品川郡山市長の姿もあった。
 
 また、6月には、古殿町が今春完成させた「ふるさと子ども園」(幼一体化施設)の見学会を企画し今後、同様の施設建設を計画する希望者の参加を募っている。さらに須賀川市の天泉学園こども園や天栄村屋内体育館を紹介し、健康増進や環境の安全について「設計事務所の役割とは何か」を追求したニュースレターが好評だ。

◎問い合わせや相談は株式会社土田建築設計事務所まで。
■電話0248-76-5965
■ ホームページは
http://www.tsuchida-sekkei.co.jp/





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。