Home >郡山市の大邦産業・大内邦夫さんが市から感謝状 会員専用はこちら

郡山市の大邦産業・大内邦夫さんが市から感謝状
環境問題をテーマにした書道展作品『環』を寄贈

 建材商社で環境に優しい建材の取り扱いを目指す郡山市の大邦産業株式会社の取締役会長の大内邦夫さんは19日、品川郡山市長から感謝状の贈呈を受けた。
 これは、大内氏が市内土瓜の事務所脇に「市民がもっと気楽に個展や展示会を開ける場所があって良いのではないか」という発想から2012年6月に鉄骨造2階建て約40坪の展示施設「ギャラリーふれんど」をオープンさせた。


 
 2013年11月に市民が開いた『写真と水彩画二人展』に、品川市長が「市民との対話を大切にしたい」と来館したのがきっかけに、話題は環境問題や市政などについて話が弾んだ。その中で、大内氏が2008年の書道作品展に出展した作品「環境元年」を題にした『環』が、品川市長の目にとまり、この度市から「地球温暖化や原子力災害の発生を受け、国土、地球さらに宇宙規模での環境保全に願いを込めて製作した素晴らしい作品で、この願いを市民一体となって共有したいので、ぜひ、多くの方の目にとまる市役所に展示したい」という品川市長の要請が届き市役所に寄贈した。

 大内さんは「品川市長から市に寄贈して欲しいと言うお話があったときは途惑ったが、地球環境が破壊され、温暖化による自然災害にストップをかけたいと言う自らの思いを書道展の作品に選んだのが市長の目に止まり、さらに市役所に飾って戴きとても嬉しい」と語った。

■大邦産業株式会社ホームページ
http://taiho-sangyo.com/





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。