Home >ホンモノのジンギスカンを召し上がっては如何? 会員専用はこちら

ホンモノのジンギスカンを召し上がっては如何?
東環グループ・桜フォーム経営の『成吉思汗さくら』

 郡山市の東環グループ代表である有馬一郎氏(写真)は、昨年9月にグループ創立40周年記念式典を執り行い、傘下にある(株)トーカン、福島環境検査センター(株)、(株) 桜ファームの代表権を信頼する幹部に一任し、現在は海外事業のビジネスチャンスを求め各国を飛び回る日が多い。
 その海外では、多くの日本人ともビジネスやゴルフ通して親交を深める機会がある。オーストラリアで出会って10年来のゴルフの友人である千葉県で建築士として名高い、明智克夫氏との出会いもその一つである。10月に郡山市で開かれた「日本建築士会連合会全国大会」に出席した折り、有馬一郎氏とさらなる親交を深めた。

 早速、レストランを経営する店の一つ、三春町三春ダムにある『成吉思汗(ジンギスカン)さくら』にご招待、その旨さ・美味しきに明智氏は絶賛した。店内では、お礼にと建築士としてのアドバイス、さらに非才な絵心のプレゼントを受けた話しが桜フォームのホームページに掲載された。是非、一度ホンモノのジンギスカンをあなたも召し上がっては如何か。

■桜フォームホームページはこちら
http://www.sakurafarm.net/news.html#141217





Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。