Home >顧問の小林香福島市長参加で新年会開催 会員専用はこちら
顧問の小林香福島市長参加で新年会開催
「ふくしまの旧家を活かす会」がブックレット制作へ

 福島市周辺の旧家・古民家の所有者等で結成した「ふくしまの旧家を活かす会」(嶋貫倫会長=瀬ノ上・嶋貫邸)は1月19日、福島市の「石林」で会員等20名が参加し新年会を開催した。


 
 嶋貫会長はあいさつで「私たち所有者が結束して、後世に遺すこと取り組みを継続していきましょう」と述べたあと、当会の取り組みに賛同し顧問に就いた小林香福島市長は"皆様が知恵を出し合い、皆さんの力が福島市の観光を呼び起こす原動力になることを楽しみに期待しています。維持・保存等の取り組みは大変でも、せび福島市周辺に歴史ある建造物を遺して欲しい。」とお祝いの言葉を述べた。
 
 また、27年度の事業の一つである会員の旧家と市行政が管理する旧家等20数軒を集めたブックレット(小冊子)の制作が県や市の協力を得て、事務局が近く聞き取り調査を行うことが発表された。会員はお互いに情報を交換しあい和やかに歓談した。(2015/01/22)




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。