Home >日本の民家"福島+茅葺きの家"写真展 会員専用はこちら
日本の民家"福島+茅葺きの家"写真展
福島市教育委員会が福島テルサで10日から開催

 福島市写真美術館(福島市教育委員会)は10日から20日まで福島テルサに於いて『高井潔 写真展』を開催する。
 福島市は東日本大震災を契機に、福島市内から多くの歴史建造物が失われていく中で、一人でも多くの市民が福島市の旧家や古民家に関心を持つことで、福島市の歴史遺構を遺す取り組みにしたいと企画した。
 サブタイトルに"日本の民家 福島+茅葺きの家"として南会津の大内宿等が展示される外、福島市P上町の「嶋貫本家」や飯坂町の「堀切邸」なども紹介されている。


 高井潔氏は大成建設で記録用写真撮影を担当する一方、写真家として日本の古建築を取材した。1988年に定年退職後はフリー写真家として活動、日本古来の古民家を追い求めている。開催中の4月11日午後4時からは"ギャラリートーク"も行われる。開館時間は午前10時から午後5時まで。入場は無料

■ 福島市教育委員会文化課
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/soshiki/60/




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。