Home >顧問の小林香福島市長迎え、27年度総会を開催 会員専用はこちら
顧問の小林香福島市長迎え、27年度総会を開催
旧家・古民家を活かす「ふくしまの旧家を活かす会」

 福島周辺の旧家・古民家の所有者と支援者等でつくる「ふくしまの旧家を活かす会」(嶋貫倫会長=瀬ノ上・嶋貫邸)は5月26日、福島市の「石林」で小林香福島市長(顧問)を始め会員等20名が出席し、27年度(第二回)総会を開催した。


 

 会に先立ち嶋貫会長が「2年目を迎えて、私たちの活動も軌道に乗りつつあり、私たち旧家・古民家所有者の結束と支援者のご支援を賜りながら活用と維持・保存に努めたい」あいさつした。この後、嶋貫会長を議長に選出し、平成26年度事業報告と決算、監査報告並びに平成27年度事業及び予算案を承認した。
 また、5月28日から31日まで、福島市のA・O・Zで開催される『ふくしま市民活動フェスティバル2015』に参加し会員の旧家と古民家をパネル展示することが発表された。

 総会終了後におこなわれた懇親会では、小林市長が「当会の創設は意義深く、福島市周辺の文化財を遺す足がかりとなっている。福島市としてもできる限りの支援と協力をしていきたい」と祝辞を述べた。会員は市長を囲み和やかに歓談した。(2015/05/27)

■「ふくしまの旧家を活かす会」の活動
http://www.medianetplan.com/kyuka/index.html




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。