Home >小林香福島市長迎え、28年度総会を開催 会員専用はこちら
小林香福島市長迎え、28年度総会を開催
発足から3年を迎えた「ふくしまの旧家を活かす会」

 福島市近郊の旧家や古民家所有者と維持・活用を支援する一般市民等で結成する「ふくしまの旧家を活かす会」(嶋貫倫会長=福島市瀬ノ上・嶋貫邸)は5月17日、福島市の「石林」で顧問の小林香福島市長を始め会員25名(全会員33名)が出席し、平成28年度(第三回)総会を開催した。

 冒頭、嶋貫会長は「私たちの活動が社会から注目を集める存在に成長し、県を始め顧問である小林福島市長、市文化課の皆さんのご協力とご支援を得ながら会員一致団結のもと、活用と維持・保存に頑張って参りたい」とあいさつ。引き続き、嶋貫会長を議長に選出し、平成27年度事業報告と決算、監査報告並びに平成28年度事業案及び予算案等を承認した。

 終了後の懇親会では、小林市長が「当会の皆さんが福島の歴史的建造物を後世に遺す取り組みは、市にとっても大きな財産だと感じている。福島市が出来ることは惜しまず支援する」と祝辞を述べた。参加会員は市長を囲み和やかに歓談した。(2016/05/19)

■ 「ふくしまの旧家を活かす会」の活動
http://www.medianetplan.com/kyuka/index.html




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。