Home >日本の財政危機を懸念する声って、本当? 会員専用はこちら
日本の財政危機を懸念する声って、本当?

慶徳総合経営センター株式会社
代表取締役税理士 慶徳 孝一

 「外国格付け会社宛意見書要旨」という文書が財務省のホームページに掲載されております。実はこの文書、平成14年 (2002年)4月30日に当時財務官であった黒田東彦 (現日銀総裁)により、格付け会社3社に出された書簡です。「貴社による日本国債の格付けについては、当方としては日本経済の強固なファンダメンタルズを考えると既に低すぎ、更なる格下げは根拠を欠くと考えている。」という文書で始まる意見書は、以下のように述べております。

@ 日・米などの先進国の自国通貨建て国債のデフオルトは考えられない。デフォルトとしていかなる事態を想定しているのか。
A 格付けは財政状態のみならず、広い経済全体の文脈、特に経済のファンダメンタルズを考慮し、総合的に判断されるべきである。
その例として、次の要素をどう評価するのかを問うています。
  ・マクロ的に見れば、日本は世界最大の貯蓄超過国
  ・国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化されている
  ・日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高
以上のように指摘し、各国間の格付けの整合性に疑問を投げかけております。

 ご興味のある方は、是非財務省のホームページをご一読ください。上記意見書名で検索可能です。その後の一連のやり取りと共に読む事が出来ます。噂ですが、この意見書が2010年以降、財務省のホームページから削除されていた時期があるのだそうですが・・・

 さて、日本の財政危機を懸念する声は絶えません。日本政府が約700兆円余りの資産を保有していること。現在は日銀が約436兆円の国債を保有していること等、日本の財政破綻が目前に迫っているとは思いません。しかしながら、短期目標である基礎的財政収支の黒字化がいつまでたっても達成できず、先送りされた挙句の消費税増税も、財政赤字削減にはあまり寄与しそうではありません。アベノミクスで有頂天になっていると、思わぬしっぺ返しに遭いそうです。毎年の収支の帳尻を合わせる事をおろそかにしていれば、家計でも借金地獄へ堕ちます。国家と雖もそこは最低守るべきラインなのではないでしょうか。 (2017/11/20)

■慶徳綜合経営センター株式会社
http://www.keitoku-office.com/
■税理士 慶徳孝一の税と経営
http://www.medianetplan.com/keitoku/




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。