Home >「ふるさと納税」方法に仕切り直し必要 会員専用はこちら
「ふるさと納税」方法に仕切り直し必要

慶徳総合経営センター株式会社
代表取締役税理士 慶徳 孝一

 この夏は日本全土を猛暑が襲い、極端とも思える気象変動に戸惑う毎日でした。最近では、相次ぐ台風の到来で豪雨災害やそれを起因とする事故のニュース、それに加え北海道で大地震が発生し、生活インフラをズタズタにしていく様を見て、自然災害の威力の凄まじさに打ちのめされるような思いでした。被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

  9月T日は「防災の日」でした。東日本大震災の直撃を受けた私たちだからそ、あの時の記憶を風化させることなく、次の世代に伝えていく努力が必要だと痛感致しました。
 「ファロス通信9月号」は、災害支援の一環としての「ふるさと納税」の用方法を解説しております。災害救助法の適用を受けた災害についての特例的運用方法をご確認ください。「ふるさと納税」は、自治体による本来の趣旨を超越した獲得合戦が繰り広げられており、返礼品に偏重した運用に疑念が抱かれております。国による利用制限が嘱かれておりますが、もう一度利用方法の仕切り直しが必要でしょぅ。 

 「心の通信149号」のテーマは「阿字本不生(彼岸と批岸に偏在するイマ・ココロ)」です。盆供養の時期になると何気なく墓参りに行くのですが、あの世とこの世の仕切りが解かれるというこの時期は、あの世に移っているココロと寄り添う場でもあるのですね。文章はやや難解にも感じられますが、イマココに生かされていることに感謝し、日々を過ごしましょぅ。
 暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節を迎えます。自然の悪戯には目をつぶり、しばし周りの木々や草花の彩りの変化を楽しみましょぅ。食べ物もおいしい季節を迎えます。 (2018/09/19)

■慶徳綜合経営センター株式会社
http://www.keitoku-office.com/
■税理士 慶徳孝一の税と経営
http://www.medianetplan.com/keitoku/




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。