Home >毎週土曜日午前11時30分から放送中!《ヴァンカン・じゅーる》 会員専用はこちら


◎3月3日放送分 

(※実際の放送とはアドリブ等によって異なった部分があります)

ハイ! みなさん こんにちは!
 土曜日の午前11時30分からお送りしてます「ヴァンカン・のじゅーる」の時間がやってまいりました! 
第一週のこの時間を担当するのは自称・団塊世代代表・富田正廣がF.Mポコのスタジオからお送りします。

 いゃ〜! もう3月ですね! 動物が冬眠から覚めて土から這い出すように、人間も冬ごもりから解き放されて自由に飛び回る季節になりました! 本当に3月の声を聞くと同時に気持ちも全然違いますし、景色も一変しましたね。皆さんも何かにそれぞれ春を感じることがあると思いますが、私は冬の間もできる限り天気の良い日はウォークに精を出してきましたけど、あぜ道や庭先でオオイヌノフグリや福寿草などを見つけたときは「ああ〜春だな〜」と気持ちも前向きになりますよね。ここ数日は車の運転をしていても日差しが違いますよね。もうそれだけで今日は「何をしようか、何処に行こうか」とワクワクしますよね。

 ワクワクと言えば、ピョンチャンオリンピック、皆さんも連日テレビの前に釘付けだったという人も多かったんじゃないでしょうか。本当に「感動をありがとう!」でしたね。
 何と言ってもイチバンは、スピードスケート女子500の小平奈緒選手の金メダルとライバルであり親友でもある韓国の李相花選手とのあのシーンは見ていて涙が出ましたね。何度見ても胸が詰まってきて、久しぶりに涙と感動でした。二人のことは、韓国メディアでも大きく取り上げられ、金メダル以上に賞賛されましたよね。韓国の人たちに日本人の優しさや礼儀正しさも十分に伝わったんじゃないかと思いますね。これこそ、阿倍総理! 国民栄誉賞もんじゃないですかね。 
 羽生結弦選手はもちろんですが、高木美帆・奈那姉妹等メダルを獲得した皆さんはもちろん、素晴らしい活躍をした日本選手の皆さん、もう一度感動をありがとう! と言いたいですね。

 それに、ヤッパリ! 今大会は韓国と北朝鮮のオリンピックでもあった気がしますね。朝鮮半島統一旗の元で、何かと問題はあったにせよ、両国が一日も早い統一を実現させることだと思いながら見ていましたね。大会前はあのアイスホッケー合同チームを巡って問題はありましたけど、北朝鮮選手達が韓国を離れる際に、両チームの選手達が抱き合って再会を誓っていたシーンは、やはり同じ血が流れ、同じ言葉を話している「同胞」何だな〜と思いながら見てましたね。

 両国が1950年の朝鮮戦争で分断してから既に68年、日本が朝鮮半島を占領してから108年が経つ両国の苦渋の歴史は、強国による支配の歴史でもあって、今のワレワレ世代以下の日本人にはなかなか理解出来ていないことかも知れませんが、今回の小平選手の件やアイスホッケー合同チームの件等、戦争を知らないワレワレ団塊世代の人間にとっても胸を熱くする素晴らしい出来事でした。

 このオリンピックの舞台ウラでは、韓国と北朝鮮、さらにはアメリカ、そしてアメリカの属国である日本も加わって複雑な政治外交が繰り広げられているようですが、一日も早い平和な朝鮮半島になって欲しいと思いますね

 1932年(昭和7年)に起きた5・15事件で、あの海軍青年将校等によって暗殺された犬養毅首相が口にした「話せば分かる」の言葉がふっと浮かびますけど、今こそ、本当に北朝鮮問題は「話せば分かる」と思いますよ。阿倍総理にもシッカリと両国とアメリカの間で「話せば分かる」外交を執って欲しいとおもいますね。戦争を起こしては絶対ダメですよ。本当に。

 夏と冬に2年ごとに開かれるオリンビックは世界の平和を象徴するスポーツの祭典です。これからも、ず〜と、オリンビック大会が開催されることを願うばかりです。

それではここで一曲お届けします。
曲は、トワ・エ・モワの虹と雪のバラード・・

後半-------------------------------------
 おかけしました曲は、1972年(昭和47年)の札幌オリンビックのテーマ曲として大ヒットしました、トワ・エ・モワの"虹と雪のバラード"でした。
 1964年に東京オリンビックが開催され、8年後の1972年にこの冬の「札幌オリンビック」が開催されましたよね。夏の競技とは全く違って、「へえ〜 こんな競技もあるんだ〜」と驚きながら見ていたことを思い出しますね。当時はスキージャンプ競技で日の丸飛行隊なんて言われて表彰台を独占したことが話題になりましたよね。

 何よりもこのテーマ曲を歌ったトワ・エ・モワの二人、爽やかさと澄み切った青空を想像するような歌声が日本全国に毎日のように流れた曲でしたよね。この二人はきっと結婚するんだろうな〜と同世代のワレワレ誰もが当時そう思っていたと思いますが、結局は結婚しませんでしたし、翌年の6月には解散しましたよね。だいだい、男と女のペアーは結婚するか、分かれるかのドッチかですけど、最近、テレビで見かけましたけど、二人もワレワレと同世代ですから、ムリして二人がテレビで歌わなくてもいいんじゃないかと思いもしましたよね。こうしてラジオで流れ、ネットのYou Tube等で聞けるわけですから、当時のあの日、あの頃の思い出を大切にしたいですよね!

 ちなみにこの昭和47年には、何とミュンヘンオリンピックも開催されたんですね。いまのように2年ごとになったのは"いつ"からなんですかね〜。
調べてみました! 1992年までは冬も夏も同じだったんですね
冬はアルベールヴィル(フランス) 夏はバルセロナ(スペイン)が行われたのが最後でした。
ついでに、この年の出来事を調べたらいっぱいありましたね。
東北自動車道開通、ハイセイコーデビュー、上野動物園でパンダ公開、連合赤軍によるあさま山荘事件、川端康成ガス自殺、モスバーガー1号店オープン、山陽新幹線が286km/hの世界記録達成等どれもこれもワレワレ団塊世代には懐かしい出来事ばかりですよね

 私は当時24歳でしたが、あの「あさま山荘事件」は、日本中の人がテレビの前で一日中見ていたと思いますね。この日は浜通りの広野町の建設会社にいてその会社で何時間も釘付けになって見てましたからね〜 大事件だったですよね。
 それと、個人的には東北自動車道開通ですかね。福島区間の開通式の当日、あの福島トンネルの中で記念写真を撮ったのを覚えていますよ。後にも先にもトンネルの中で自分の写真を持っている人って関係者以外いないと思いますが、これも新聞社にいた特権でしたよね。今となれば貴重な写真でイイ思い出でになっています。

え〜、第一週土曜日のお昼前のひとときは、自称・団塊世帯の代表富田正廣がFMポコのスタジオからお送りしています。

 当時の若かりし日々から、既に45年の歳月が流れたわけですけど、今はと言うと、仕事で走り回るどころかどころが、病院通いであっちこっちと走り回っているような気がしますよ。ホントに。
 先月末には昨年6月に腫瘍摘出手術で8ヶ月振りに検査に行ってきましたけど、もう、病院通いだけてヘトヘトですよ。朝9時まで行って、すぐにCT検査を受けたまではスムーズに行ったんですが、その後の医師の診察まで待つこと2時間半、そして名前を呼ばれて医師から「異常ありませんでした」と一言。こちらも「ありがとうございました」とお礼を言って退室するまでわずか30秒でした。執刀した医師でなかったこともあるんだとは思いますが、あの医大の待ち時間何とかなりませんカネ〜。

 この日はまだイイ方でしたが、4時間も待ったという時期もありましたよ。病院に行くだけでもヘトヘトなのに、病院に行って病人になってくるようです。まあ、異常なかったことで一安心でしたが、これから70代に突入する年代になっていろいろとやることがありますよね。
 健康の為にも私は何と言っても減量することなんですよ。それによって血糖値も血圧も正常値に近づくわけですから、ガンバロウと思って居ます。

3分前  
今日もとりとめのない話しでお付き合いを戴きましたけど、ワレワレ団塊の世代も2025年には75歳以上の「後期高齢者」の仲間入りを果たすわけですが、この「2025年問題」で国も医療や介護等でまた新たな政策を打ち出そうと必死ですが、どんな政策が打ち出されようと健康であることがイチバンだと思って居ます。春です!外に出て身体を動かして頑張っていきましょう!
 既にエンディング曲には、1975年 (昭和50年)にヒットしましたトア・エ・モアの「ある日突然」が流れています。今週はこの爽やかな歌声を聴きながらお別れしたいと思います。

 今日は、団塊世代の代表、富田正廣がFMポコのスタジオからお送りしました。それでは皆さん!また、4月の第一土曜日のこの時間にお耳にかかりましょう!。それでは皆さん! さようなら!

◎ヴァンカン・のじゅーる の記事一覧はこちら
http://www.medianetplan.com/fmpoco/index.html




Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。