市民〔citizen〕と結ぶネットマガジン!
建設メディア「MEDIA」
Home >斜め読み聞きかじり >2010/10/30

現れよ、金座裏の宗五郎親分

建設メディア顧問
マスコミ人OB会福島ペンクラブ会長
元福島民報専務・編集局長 星一男氏
星一男氏


 先頃の朝日新聞「かたえくぼ」にこんなのが載っていた。「前特捜部長ら起訴『前田被告は信用できる』最高検察庁」というものだ。特捜検事が犯罪の証拠品を改ざんするなんて想像も出来なかったことだ。それをやってのけたエリ−ト検事がいた。最高検察庁に震度8にも匹敵するような衝撃が走ったことは想像出来る。さあ大変だ・・と最高幹部は頭が混乱したことだろう。そして考えた。なにせ、検察組織に対する国中の信頼を一気に失ってしまう危機に見舞われたのだ。「どうする・?」「悪者を作って、それに罪をかぶせて難を切り抜けよう」なんてヒソヒソ話が最高検の密室で交わされたのか。改ざんの張本大の前田主任検事の上司にまで魔手をのばして大坪特捜部長と佐賀副部長を逮捕、起訴して検察の厳しさを示そうとしたのだ。その罪状は前田被告の「上司には意図的に改ざんしたと報告している」という発言に基づくものだ。
 
 これに対し当然、2人の上司は「過失で書き換えてしまった、との報告しか聞いていない」と主張、最高検トップと真っ向対立している。それを「かたえくぼ」の投稿者が指摘しているのだ。たしかにおかしいやネ。改ざんの張本人の言葉が頼りの逮捕・起訴・懲戒免職なのだから。特捜部ぐるみの隠蔽工作と決めつけて“証拠改ざん事件はこれにて一件落着”と遠山の金さんよろしく幕を引きたいんだろうが、煙の火元は違うよ。犯罪の証拠品は真実を証明する純然たる客観物と、江戸時代の捕物帳、大岡越前の裁きの時代から国民が信じてきていることだ。それを有罪にするため、自分に都合がよいように作りかえるなんて開いた口が塞がらない。検察庁全体がそんな体質、そんなウソの皮を被った正義の味方に成り下がっていることを国民が知って、こっちがひどいショックに見舞われているんだゼ。どう始末つけるんだか高見の見物といこうか。
 
 こんな世相のせいもあってか、いま佐伯泰英の「鎌倉河岸捕物帳シリーズ」にのめり込んでいる。NHKが土曜の夜に30分番組「まっつぐ」で放映した新しい形の捕物帖で、銭形平次や半七に代わって金座裏の宗五郎親分とキャラクター豊かな手先たちが登場する。まさに庶民にとって正義の味方の岡っ引き軍団だ。何よりも寛政の御世(1790年代)の江戸の様子や地名がふんだんに散りばめられている楽しい、人情たっぷりの文章がいい。その捕り物の芯を貫いているのは、揺るぎない証拠と確かな証言を苦心して集める智恵と汗の働きだ。かの前田改ざん検事に是非ともこれを読ませたかったが、もう遅いか。
(2010・10・30)






Copyright (C) Medianetplan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。